ニュース

車いすをご寄贈いただきました!

  1. ひと言日記

このたび、山陰合同銀行「ごうぎん一粒の麦の会」の皆様から、車いすをご寄贈いただきました!

【画像】車いす

【画像】車いす

 

9月19日に鳥取県盲ろう者支援センターで贈呈式が行われ、山陰合同銀行米子営業本部の尾原常務より、支援センターの堀場センター長に目録と寄贈書が手渡されました。

【画像】車椅子贈呈式

【画像】車椅子贈呈式

 

尾原常務より「一粒の麦の会の活動は行員たちの寄付を少しずつ集めて行っているものです。車いすがあれば、安心して出かけられるという声を聞き、ささやかではありますが、この車椅子を有意義に使っていただければと思います。」とのお言葉を頂きました。

 

堀場センター長は「このたびは、ご寄贈頂きありがとうございます。私も車いすを使っていますが、私のほかにも車いすを使う盲ろう者がいますので、盲ろう者の生活のために役立てていきたいと思います。」と喜びの言葉を述べました。

【画像】車いす贈呈式

【画像】車いす贈呈式

 

6月に山陰合同銀行地域振興部の向井さんに「車いすが欲しい!」の気持ちが伝わりご連絡を頂き、親身に相談に乗っていただきました。そして、向井さんと、向井さんと旧知の間柄という合銀米子支店の宮本さんのご尽力により、とんとん拍子に今回の寄贈の運びになりました。米子支店の吉川支店長からも、「合銀米子支店の隣のビルに支援センターがあることを、今まで知りませんでした。これからも困ったことがあれば、いつでも連絡ください!」とうれしいお言葉を頂きました!ありがとうございます!

 

ご寄贈頂いたピカピカの車いすは、盲ろう者の生活のために、大切に、有意義に、これからどんどん使わせていただきます!山陰合同銀行ならびにその関連会社の役職員の皆様、ほんとうにありがとうございます!!

 

(以前、このニュースのページで車いすのご寄付を呼びかけた記事はこちらです。)