ニュース

「けいわん」について一考

  1. 和尚さん

ご無沙汰いたしました。

 

手話通訳者の世界では「けいわん」と言う言葉が定着しています。

「頸肩腕障害(けいけんわんしょうがい)」のことです。

 

保育士さんとか、工場で高い位置の取り付け作業を続ける人とか、職業病として知られていました。

 

手話通訳という仕事が始まったのは1970年代ですが、すぐに「けいわん」で倒れる手話通訳者が出ました。

 

今でも「けいわん」になる人が出続けています。

長く苦しんでいる人もたくさんいます。

 

先日診察を受けたら「左手根管症候群、尺骨神経麻痺、頸肩腕障害」という診断になりました。

 

和尚さんは「けいわん」患者になりました!

なぜ「けいわん」になるのか、どう防ぐのか、どう治療するのか、和尚さんは考えます。