ニュース

和尚さんがつぶやきました。

  1. 和尚さん

和尚さんは、先週金曜日、広島まで「けいわん」の治療に行ってきました。

 

帰りのバスまで時間が少しあったので、広島駅の本屋さんをぶらぶらして『奇跡の人』という本を買いました。

 

奇跡の人と言えば、ヘレン・ケラーの才能を開花させたアン・サリヴァン先生のことですが、これを明治20年の津軽を舞台にした小説にした本です。

 

登場人物は、介良れん(けら・れん)と去場安(さりば・あん)です。

 

原田マハ著、双葉文庫、税込み780円。

 

3時間のバス旅で読んでしまいました。面白かった、お奨めです。