ニュース

第29回全国盲ろう者大会 鳥取大会 のお知らせ その3

  1. 全国大会

2020年8月28日(金)~8月30日(日)の3日間、鳥取県・米子コンベンションセンター ビッグシップにおいて第29回全国盲ろう者大会が開催されます。

 

大会では、様々な趣向を凝らした分科会など、盛りだくさんの内容が用意されています。

 

今回のお知らせでは、大会2日目の午後(14時~17時)に行われる分科会の内容をご紹介します。

 

《第4分科会》

テーマ:「全国の盲ろう者の生の声を聞く②」

内 容:

皆さん、いろいろな制度や環境の中で、不自由を感じていることはありませんか。

 

より良い生活を送れるように日頃感じていること、困っていることなどをこの分科会で発表しませんか。自分の思いを皆さんに伝え、また、他の盲ろう者の意見を聞いて参考にしたり、皆さんで話をしてみませんか。そして、この分科会で出された意見を国に届けましょう。

 

ぜひこの分科会にご参加ください。

 

《第5分科会》

テーマ:「盲ろう者のシンボルについて考える」

内 容:

「白杖をついていたら盲人と間違われて声をかけられたけれど、私は耳も不自由だから、その人を無視することになってしまい、お互いに気まずかった。」というような経験はありませんか?

 

白杖は盲人のシンボルであって盲ろう者のシンボルではないからです。だから盲ろう者のシンボルが必要なのではないでしょうか。

 

このことについて皆さんで話し合いましょう。

 

《第6分科会》

テーマ:「日常生活での工夫あれこれ」

内 容:

家庭、健康、趣味、スポーツなど、日常生活の中で困っている事があると思います。

 

どんな工夫ができるか、どんな工夫をして楽しむことができるか、皆さんと一緒に意見を出し合いましょう。