鳥取盲ろう者友の会について

鳥取盲ろう者友の会は、盲ろう者が中心となり「交流会」や「役員会」など活動の大切な部分を担っています。

鳥取盲ろう者友の会の目的

盲ろう者も安心して暮らせる社会、ひいては誰もが安心して暮らせる社会を目的として活動しています。

<主な活動実績>

  • 毎月2回の定例会・交流会の開催
  • 通訳・介助員の派遣および養成の事業を鳥取県より受託し実施
  • 中四国盲ろう者大会・全国盲ろう者大会などへの参加
  • 全国レベルの研修会・会議などへの参加
  • 鳥取盲ろう者友の会をPRし、盲ろう者を探し出す取り組み

手と手を合わせ・心つなぎ・笑顔ふやそう
デフ・ブラインドコミュニケーション

私たちの取組み『盲ろう者も安心して暮らせる社会づくり』

  • 一人じゃない!
  • 仲間がいます!
  • 支援があります!
  • 一緒に活動をしましょう!
  • 自立と社会参加を目指します!
手続きの風景
通院や役所での手続きができる
買い物の風景
外出し買い物などができる

盲ろう同士での楽しい交流会を毎月開催しています!

同じ状況だからこそ分かり合える仲間とサポーター(盲ろう通訳・介助員)が集まります。情報交換できる場であり、笑顔でコミュニケーションできる楽しい交流会です。

東部(鳥取市)・中部(北栄町)・西部(米子市近郊)の県内3か所で、毎月わいわい開催しています。

交流写真
しまね盲ろう者友の会との交流にて

お問い合わせ・連絡先0859-30-3830

(鳥取県盲ろう者支援センター)

友の会の『あしあと』

2007年 3月17日 「鳥取盲ろう者友の会」設立準備会を開催しました。
2008年 「鳥取盲ろう者友の会」を設立しました。
2009年 盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会、同派遣事業を開始
島根盲ろう者友の会との合同交流会が始まりました。
2012年 東京盲ろう者支援センターに続き、鳥取も体制強化を進めていきました。
2013年 中途・高齢等の生活支援が現実的になり、支援団体の周知に努めました。
中四国盲ろう者大会を鳥取市で開催しました。
2014年 全国実態調査で鳥取に70人、相談・拠点の必須を要望しました。
当事者より先進地視察報告と掘り起しを強く要望しました。
2015年 県が実態調査・訪問相談を実施。その後の相談継続・拠点を要望しました。
2016年 県の委託を受け「鳥取県盲ろう者支援センター」運営を開始しました。