ニュース

2018 韓国視察・前編

  1. YUKI

YUKIです。

 

去る9月4日から7日まで、平成30年度 障がい者福祉関連鳥取県・江原道交流事業に参加し、団長として韓国・江原道を訪問しました。

 

その様子や感じたことを書いてみたいと思います。

 

江原道は、平昌(ピョンチャン 江原道東部)冬季オリンピックが開催された地です。

 

道庁所在地の春川市はテレビドラマ「冬のソナタ」等のロケ地としても有名です。

 

 

9月4日(火)

台風接近で飛行機は飛べるのかと心配しながら、米子空港に向かいました。飛べるとわかり、安堵。

 

1時間40分であっという間に仁川空港に到着。

すぐに、春川市へ移動しました。

 

【画像】バスの中から見たソウルの街 仁川空港を出たところの様子

【画像】バスの中から見たソウルの街 仁川空港を出たところの様子

 

【画像】バスの中から見た春川市の街 鳥取に似ている

【画像】バスの中から見た春川市の街 鳥取に似ている

 

春川市に到着後、ダッカルビ店で晩餐会。

団長として挨拶、行政職員との交流、緊張しまくりでした。

 

 

9月5日(水)

江原道庁を表敬訪問。

江原道庁では、冬季オリンピックの映像が流れたり、グッズが並べてありました。

 

マスコットキャラクターのぬいぐるみを持っていると話したところ、職員達に喜ばれました。

 

次に、江原道障がい者総合福祉館と江原道リハビリ病院を視察しました。

 

昼食では、郷土料理などおいしく頂きました。

 

【画像】江原道の郷土料理

【画像】江原道の郷土料理

 

【画像】ビビンバ

【画像】ビビンバ

 

【画像】ビビンバの薬味4種類

【画像】ビビンバの薬味4種類

 

 

その後は、ホテルに移動し、政策発表、意見交換会。

鳥取盲ろう者友の会について発表しました。

 

合間の自由時間に、韓国の盲ろう者、ウォンソクさん(全盲難聴:男性)とヒャンスクさん(弱視ろう:女性)がわざわざ来てくださり、交流を深めることができました。

 

ウォンソクさんは、日本語が話せるので、指点字、触手話で話しました。

ヒャンスクさんとは、わかる範囲ですが、韓国手話で会話しました。

 

障害者文化芸術公演の観賞を楽しんだ後、歓迎交流会が行われました。

 

団長の挨拶をさせていただきました。

 

色々な方と、日韓通訳弱視手話通訳、筆談したり、また、江原道ろう会長さんと直接、韓国手話で交流を楽しみました。

 

江原道ろう会長さんは鳥取県に来られたこともあり、ろう役員を何人か知っておられて話が弾みました。

 

-つづく-


 

このつづきは、明日のブログをお楽しみに(^_-)-☆